<< 23年 Orgelmusik zur ... >>

ご挨拶

カトリック教会でチャリティーコンサートがありました。
大教会でポスターをみて、カトリック教会のKantorに、何かお手伝いします、とメールしたら、企画計画しているおじさんから電話がありました。
いろいろ話して、ほんとうに感謝しているんです、と言ったら、ナタリーさん、コンサートで短く挨拶しませんか、って。ひょえー、ドイツ語ですかぁ、一晩考えさせてもらいまして、お礼の一言、二言でよいのなら、と。

猪之助に文章をなおしてもらって、練習して・・・あぁ、コンサートでまた泣いちまったらどないしよ、と思いつつね。

早めに行って一番前の、私に取っておいてくれた席に座って始まるのを待っていたら、合唱で一緒のKatrinがきました。ぎりぎりにKantor Stefanが息子のJakobと。ほぼ席が埋まっていて後ろの方しかあいていませんで、Jakobだけでいいからナタリーの横に座らせてやってよ、と。隣の人々にごめんなさいよ、とつめてもらってJakobと並んで聴きました。
彼は、私がこの前のコンサートで、聴きながらぼろぼろ泣いたときにも隣に座っていて、私の手を握って慰めてくれたんです。だからでしょう、ときとき、私の顔をじっとみては、にこっと笑います。いい子だなぁ。思わず涙がこぼれちゃったときは、すぐ手を握ってくれたよ。優しい子です。

ご挨拶・・・KatrinもJakobも du hast schön gesprochenと褒めてくれました。Kantorは、オルガン弾くのと人前で話すのと、どっちがらく?だって。そりゃ、オルガンの方がずっとらくだわー。

司祭さんが、最初の挨拶で「私たちの街は、『破壊される』ということをよく知っている街です」とおっしゃいました。そう、1944年12月4日の空襲で、徹底的に破壊された街です。
木曜日に、もう一つチャリティーコンサートがあります。このときは、終了後、かごをもって出口に立つ係を友人とします。
[PR]
by toramutti | 2011-05-08 16:31 | 徒然
<< 23年 Orgelmusik zur ... >>