<   2011年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ご無沙汰しておりました

ご無沙汰しておりました。生きております。
2011年も、もう、9月半ばなんですね、光陰矢の如し、ですなぁ。あれから、もう、半年・・・・。

****

7月末から十日足らずでしたが、里帰りいたしました。10年ぶりの日本の真夏、出発した頃のドイツは、もう、秋が来たのかね、というお天気で、成田でぶっ倒れるんじゃないか、と心配しましたが、わたしがいた時、ちょうど、暑くないという時期でした。うーん、日頃の行いかしらん、にゃはは。
でも、ドイツの気候に慣れた身体には、それでも十分暑く、日焼け止めはそれでも塗りましたが、ファンデーションなど、無理。すっぴんで日本の街を歩きましたよ。
日本女子は、7月末でも薄手とは言え、長袖のカーディガンなどをお召しになられるかたも・・・。

****

6月にオーボエの友人とデュオのリサイタルを大教会で。勉強になりました。楽しかった。

7月初めには、何年ぶりかの60分一人のソロコンサートを自分の教会で。バッハ以前の作曲家、ドイツとフランス。フランスものは、オルガンが適せず、今ひとつも二つも不満足。ドイツは、いわゆる「北ドイツオルガン楽派」で、ブクステフーデなど。この方向で、しばらく精進しようと決心。メンデルスゾーンはでも、お勉強始めたい。

7月半ばは、友人が指揮している学生コーラスのコンサートのなかでオルガンのソロを。2学期、レッスンを受けたオルガンでのコンサートでした。でも、毎日練習しているオルガンではないから、準備不足をひしひしと感じました。楽しかったけどね。

9月初めに大オルガンで30分コンサート。最後のレッスンで勉強した曲で、まだまだ途上の曲、あと二つはまぁ、満足かなぁ。

そして、その次の週にバンベルグの素晴らしいオルガン、素晴らしい響きの教会でアグネスとのデュオリサイタル。楽しかったです。大オルガンのショートコンサートで弾いた曲を弾いたのですが、オルガンが違うと上手に弾けるんじゃん、なんて思っちゃいました。

・・・多すぎるよ、コンサート。絶対多すぎるって! 10月にも自分の教会とは言え弾くんでしょ・・・。やって来たオファーを全部、引き受けた今年・・・いけませんね。
でも、わたしのレベルのオルガニストは山といます、わたしが断ったら別の人に話が行く訳で、へたしたら、ずっとそっちに行ってしまう・・・外からのオファーをどうしても受けてしまうんだなぁ。

11月末に大オルガンの30分コンサートがはいっていますが、来年は、いわゆる「充電」しないと。あはは、持ち曲、全部、使い果たしてしまいましたもん。
オルガンのレッスンも終わってしまったし、自分でお勉強していかなくてはね・・・。凄腕Stefanが助けてくれることになっていますが、やはりなぁ、あの教授とはリーグが違う・・おっと、内緒内緒。

****

虎之介、白足袋若旦那は元気です。固い茎を飲み込んで・・全身麻酔でとってもらう、というのを、また、やりました。今回はとうとう100ユーロを超える支払いが・・・。
その後は、元気に、猫人生を送っておりますよ。最近、秋が近づいたのか、夜遊びが減って来ました。

猪之助もおかげさまで元気です。
8月にオーバーバイエルン(Mittenwaldのあたり)で休暇を過ごして参りました。山登りと自転車乗り・・。命の洗濯とはこのことね、という休暇でした。
11月にはベルリンで美術館巡りです。楽しみだなぁ。専属美術説明員がいるから、助かります。ときどき、鬱陶しくなることもあるのだけどね・・とは内緒だよ。
[PR]
by toramutti | 2011-09-17 23:31 | 徒然